新築と中古マンションは何が違うのか

中古マンションの特徴

いわゆるヴィンテージマンションのように、立地条件が良いなどのさまざまな理由で発売当時より価格が高騰している中古物件も存在しますが、 マンションというのは基本的に築年数が長いほどに価値が下がり、販売価格は安くなっていきます。 中古マンションは築年数が長いことが多いため、新築マンションの相場と比べると安価で販売されています。

同じエリアの新築物件と比較すると、1,000万円以上の差が生じるようなことも少なくありません。 このほか、中古マンションは新築マンションに比べて、物件の数が圧倒的に多いです。豊富な選択肢のなかから希望に合った物件を探せるメリットがあります。 さらに中古マンションはすでに完成した状態で販売されているため、現物を見て買うかどうか決められるという魅力もあります。 上記のようにメリットが多い中古マンションですが、デメリットもあります。築年数が長いとリフォーム、リノベーションが必要で、規模次第では新築を買ったほうが安いということになりかねません。 後付不可能なディスポーザーなどが中古マンションにない場合、諦めるかあるところを探すしかないという問題もあります。

そのほか、仲介手数料などの諸費用は中古で物件価格の5~8%であるのに対し、新築は2.5~5%と、中古のほうが物件価格とは別のコストが割高になる場合が多いです。 また、保証は売主が個人だと2~3ヶ月ほどしかなかったり、まったくなかったりすることもありますし、固定資産税の軽減措置の対象外であり、住宅ローンの控除や登録免許税、 不動産取得税などの軽減措置を受けるには、築年数などの条件をクリアしなければいけません。

 [Recommend Site]
中古マンションの平均相場やメリットについて詳しくまとめられているサイトになります ⇒ 東京中古マンション 情報